読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マスタードラゴンだけど越田

これから引越し作業を始めようとしているあなた、軍手を忘れていませんか?梱包だけとっても、カッターやはさみを普段やらない作業で使うので、手のケガはよく見られます。また、荷物の移動を考えると、常に指詰めの危険性を考えないといけません。

安い軍手を選べば良いのではなく、自分の手にジャストフィットする、きちんとした滑り止めがついた軍手でなくてはなりません。作業しやすくなるのはもちろん、より安全になります。



収拾がつかないくらい、多くの物を持っている生活を日常としている方には、引っ越しを考えるときに、おそらく一番重要なのは所有するものの整理と荷造りでしょう。

ものが多すぎて整理しきれず、当日までに荷造りが終わらないかもしれないと思うと引越し自体を投げ出したい気分になりがちですが、これを一つの契機としてとことん処分してしまえばその後の生活が変わっていくでしょう。



先日、土日を使って引越しました。


作業を終えた日に部屋の電気をつけて明るくなったとき「ここに住むんだ」と思わずにいられませんでした。


その日の夜は、思い切っていつもならとても手が出ない宅配ピザとお寿司、それから好みのワインも用意して祝杯を挙げました。新しい生活にわくわくしています。


住民票の移動と連動する手続きの筆頭といえば、自動車など運転免許証の住所変更に行くことです。多くの場面で運転免許証を写真付き身分証明書として使うので、住所変更の届は早く出した方が良いのです。

引越し業者を利用して良かった


引っ越した先の警察署を訪ね、運転免許証だけでなく、新住民票の写し(住所変更した健康保険証や、新住所あての公共料金領収書なども使えます)を提出して、必要事項を書いて出せば手続きは比較的早く終わります。一般家庭の引っ越しを扱う会社として、日通は誰でも「引越しは、日通」のテレビCMを思い出すくらいかなり浸透してきました。

引っ越しサービスを扱ってきた業者を思い浮かべると、会社名は引越社、引越センターに決まっていた思い込みがあったかもしれません。あちこちの運送会社は、近頃、一般家庭の引っ越しに目をつけ、事業に参入しているのです。



日通のように、運送会社の中でも有名な会社なら、引越しも安心して任せられます。
一世帯がまるまる引っ越すとなると、引っ越し当日にしかできないことも多いものです。一日作業に費やすでしょうから、事前準備ができそうなことは済ませておけば安心できます。とりわけ、ライフラインの水道、電気、ガスその他をすぐに使えるようにする手続きはどんなことにも優先して終わらせておき、日用品など、引っ越す日まで使うと思うものは他のものと一緒にせず、取り出しやすくしておき、さらにしまいやすくしておきましょう。いよいよ来月引越しするのですが荷物の中にピアノを入れるか持っていかないで処分してしまうかを考えています。ピアノを使わない予定なのでずっと置いておくだけでしょう。

そうかといって、処分するだけでも費用はかなりかかることでしょうし、悩んでいるうちに時間が経ってしまいます。誰かもらってくれる方がいれば譲りたいのですが、都合良くすぐに見つかるものでもありません。どんな人の引っ越しにも、必ず関わってくる手続きに、役所に転出届と転入届を出すことが挙げられます。転出する市区町村の役所で手続きすると、転出届を発行されるので、転入先の市区町村の役所に届け出て転入手続きをするという流れになります。

転出届と転入届はセットであり、転出届がなければ転入届は受理されないことには気をつけないといけません。忘れると大変なことになってしまうので手続きは速やかに終わらせるのが賢明です。


今まで忘れられていたものも、引越しの時に整理しなくてはなりませんが、仕分けの結果、不要になるものもあります。


処分をどうするか考えなくてはなりません。
ぜひ覚えておいてほしいのは、多くの引越し業者が行っている、不要品を引き取るサービスです。また、業者によっては、ものによってですがお金を払って処分しなくてはならないものを資源のリサイクルなどの名目で無料で持って行ってくれることも結構あるのですぐに業者に問い合わせてみましょう。専門業者の引っ越しでは、誰が、どこへいつ引っ越すかが決まった後に、まずは業者に見積もりを出してもらって、自分たちが納得いく結果が出れば、作業を依頼する正式な契約を交わします。全面的に荷造りを任せるのでなく、自分で梱包する契約であれば梱包用段ボールは業者が用意しているので、それを使って準備を進めておきます。



いよいよ引っ越すときには、作業については全てプロにおまかせとなります。